酒に弱くても酔わ ない方法!ばっちり飲み会対策!下戸テスト付き

お酒弱いと飲み会も心配しながらになっちゃいます。とかく自分のペースを守るのが難しいので困るんですよね。気持ち悪くなるのはまっぴらごめん。酔わないために、飲む前後、飲み会中に出来ることはたくさんあります。コツをつかめば楽になりますよ。

私は本当に下戸なの?簡単にわかるテストもあります。

スポンサーリンク

飲み会に行く前に

アルコール対策は、飲み会に行く前日から出来れば始めたいもの。

誰でも(アルコールに強い人でも、たぶん)体調によって調子は左右されるものですよね。飲み会の予定があったら、睡眠を十分とって、体調万全で臨みましょう。

さて、飲み会に行く前には、コンビニに立ち寄って対策グッズを購入しましょう。

 

コンビニで買えるおすすめ対策グッズ

牛乳・チーズ・ヨーグルト

すきっ腹にアルコールを飲むと、急激に多量に吸収してしまい、酔いが早く回ってしまいます。こんな事態を避けるため、飲み会の1~2時間前に牛乳、チーズ、ヨーグルトなど良質のたんぱく質を摂りましょう。

良質のたんぱく質は肝臓の働きを助けます。

 

オリーブオイル・バターなど脂質

また、アルコールの吸収を遅らせるためには、脂質も大事なんです。胃に幕を張るってことです。

海外では、お酒を飲む前に、オリーブオイルやバターを食べるそうですよ。

オイルやバターをそのまま食べるのもなんだな、って時は、パンにつけて食べれば美味しいですよね。

または、クリームたっぷりのケーキ類でもいいですね。ケーキを1つ食べれば、すきっ腹にもならないし、一石二鳥です。

 

柿・干し柿

 

フルーツにはビタミンCなど入っていて、アルコールに対抗してくれるんですが、中でも秀逸なのが柿。柿のシーズンなら絶対に食べておきたいです。

柿に含まれるタンニンやアルコールデヒドロゲナーゼは、いずれもアルコールの代謝に大きな役割を果たします。

出来れば、飲み会前と後の分で2個買っておきましょう。本当は、飲み会中にも食べたいところです。

 

トマトジュース

トマトジュースもどこのコンビニにも売ってますよね。トマトのリコピンがアルコールに対していい仕事をしてくれます。肝臓を守ってくれるので、ぜひ飲み会前とあとに1本ずつ飲みましょう。

 

ドリンク剤

これまでの対策だけでも、十分とも思いますが、心配なら、ドリンク剤も飲んでおくと確かに効き目があります(と自分には、感じました)

ウコン系、ヘパリーゼ系などでもいいですし、ユンケル、リポビタンDなど、タウリンが入っているものでもいいです。

 

後悔しない飲み方

あ~、やっちゃった。。と後悔しないために、お酒に負けない飲み方のポイントです。

1.乾杯の後

乾杯の時は、少し飲むくらいにしておきましょう。グラスが空くとどんどんつぎたがる人はよくいます。

お通しがあるので、食べましょう。

 

2.おすすめの食べ物

食べれば、だいたい何でもいいんです。とにかく、アルコールよりも食べ物を優先しましょう。中でもおすすめは?

 

油の入ったもの

サラダ~油の入ったドレッシングをかけて食べることで、脂分を摂ります。

揚げ物・脂ののった魚~油脂を食べることでアルコールの吸収を穏やかにします。また、たんぱく質も豊富です。

 

3.なるべく酔わない飲み方

 

水を飲む

少なくともアルコールと同量の水を飲みましょう。アルコールを頼むときに必ず、水を氷抜きで同時に頼みます。

こうすると、アルコールの濃度も薄まりますし、アルコールによる脱水も防げます。この方式をとるようになってから、明らかに悪酔いしなくなりましたよ。

 

トイレに行く

アルコールと同時に水もどんどん飲むので、近くなるのがトイレ。

これが、ミソなんですよ。

トイレは、行きたくなったらさっさと行きましょう。アルコールを体外に出すし、インターバルにもなるので、時間を取ってのんびりします。

 

ノンアルコールドリンクでごまかす

  • ビール ⇒ ジンジャーエール・・・無理か??
  • ウーロンハイ ⇒ ウーロン茶 ・・・これはばれない

など、似ているノンアルコールドリンクを飲めば、雰囲気も壊しませんね。

 

お酒を飲むなら

チューハイを薄ーく作ってもらいます。これをちびちび飲むと、そのうち氷も解け、さらに薄くなってほぼノンアルになる、という作戦。

 

もし、カクテルがあれば、トマトがおすすめ。

先に行ったように、トマトは肝臓を守ってくれるので、トマトジュースのカクテルがいいですよ。

中でもおすすめなのは、レッド・アイ

これ、ビールとトマトジュースのカクテルです。ビールは、アルコール度数がお酒の中では低い方なんです。だから、トマトジュースで割れば、なおよしってわけです。レッド・アイは、もともと二日酔いの迎え酒として飲まれていたとか。。

 

避けた方が良いお酒

ワイン(特に赤)

ビールがアルコール度数5なのに対し、ワインは14と、もともとアルコール度数も高めです。しかし、何より危ないのは、安い赤ワインには、メタノール(メチルアルコール)がより多く含まれること。

 

メタノールは、エタノールより処理に多くの時間が必要なうえに、代謝の過程で毒物を生成するので、悪酔いの原因になるんです。

メタノールは、果実の皮の近くにあるので、果実を原料とする酒に含まれ、特に皮ごと使う赤ワインに多いのです。

高級ワインであれば、製造過程でメタノールを多く除去しますが、安物だと取りこぼしが多いんですよね。だから、安物ワインで悪酔い、ってことになるんです。

 

安物のウイスキー・ブランデーなど

ワインと同様です。高級品は、メタノールなどの不純物は少ないのですが、安物は、不純物が多いのです。だから、安物は悪酔いしやすいのです。

 

飲み放題などのお酒は、要注意です。そうはいっても。。ですね。私もいつも飲み会といえば、飲み放題付きです。明朗会計なので、楽ですもんね。

安物は避けられないとしても、知識として知っておけば、水を多く飲む、トイレに行くなど、対策も出来るってことで、自己防衛してください。

 

スポンサーリンク

飲み会帰り・家に帰ってから

飲み会が終わり、家路についたら、コンビニでアルコール対策グッズを購入します。明日の朝は(たぶん)気分よく目覚められるはずです。

トマトジュース

前述のトマトジュース。これ、ほんと、おすすめなんです。うっかり飲みすぎちゃったな、と思っても、トマトジュースを飲んだら、不思議と二日酔いにならずに済みます(私見です)

 

グレープフルーツジュース

メタノールによるダメージだとフルーツジュースはおすすめできません。メタノールは果実にも含まれるからなんです。

でも、そうでなければ、クエン酸、果糖、イノシトールなど、肝臓をサポートして、アルコールの分解を促進する成分が含まれるグレープフルーツジュースはおすすめです。

学生の頃、二日酔いの時に何気なくグレープフルーツジュースを飲んだら、霧が晴れるように楽になった記憶があります。

 

シジミの味噌汁のもと

シジミの味噌汁って肝臓の強力なサポーターなんです。

  • ミソ ~ コリン、
  • シジミ ~ グルタミン、オルニチン、タウリン

などの有効成分がぎゅっと入ってるんですね。

 

スポーツドリンク

アルコールによる脱水を防ぐために、水分補給が必要です。

 

水でもいいですが、スポーツドリンクなら、必要な糖分なども入っており、吸収もいいのでおすすめです。
ただし、気分が悪いときは、冷たいと負担がかかるので、常温~人肌の物を飲みましょう。

 

柿(干し柿)

柿があるシーズンなら、ぜひ食べましょう。飲んだ後でも有効なんです。

 

家についたらやること4つ

  1. 水分補給に努めます。
  2. お風呂は、脱水にならないように要注意。
  3. シジミの味噌汁、トマトジュースなどを飲んでおきましょう。
  4. 少し胃を休めてから横になりましょう。右を下にして横向きで休みます。

アルコールトレーニングは有効か?

アルコールに慣れてないから弱いんじゃ?トレーニングしたら強くなるかしら?

そこんとこ、どうなんでしょう?

 

アルコールパッチ(下戸)テスト

簡単なテストで下戸かどうかわかります。

 

1.市販の消毒用アルコールを脱脂綿に2,3滴しみこませます。それを、肘の内側にばんそうこうで貼り付けます。

2.7分待って、はがします。

3.はがした直後の皮膚の色を観察 ⇒ 判定1

4.さらに10分後にもう一度皮膚の色を観察 ⇒ 判定2

結果:
Aタイプ 判定1、2とも肌色に変化なし~アルコール分解能力 充分
Bタイプ 判定2で赤く変化~アルコール分解能力 弱し
Cタイプ 判定1で赤く変化~アルコール分解能力 無し

B,Cタイプだったら、無理してお酒を飲まないようにしましょう。

 

飲み会を楽しく乗り切るには?

飲み会で大事なのは、アルコールを飲むことじゃなくて、会話や雰囲気を楽しむことですよね。

酔っぱらいは、空いているグラスを見ると、ついつい、注ぎたくなります。ゆっくり飲むことで、自分のペースを守りましょう。

飲み会前後に対策を講じ、ペースを守って、乗り切りましょう。

 

スポンサーリンク

コメントありがとうございます。