花粉症と風邪。症状の違い・見分け方は?内科と耳鼻科、薬はどっち?

毎年杉花粉が飛び始めると憂鬱な季節が始まります。でも、一年中、なにかしかの花粉は飛んでいて、気の毒な場合は、1年中、花粉症に悩んでしまいますね。

しかも、花粉症は、ある日突然やってくるのです!この症状は、花粉症か?風邪なのか?見分け方と薬はどうするの?内科にいくの?などの疑問を考えていきましょう。

その症状、風邪だといいんですけどね。。。

スポンサーリンク



花粉症と 風邪 症状の違い

今や、花粉症に悩む人は、日本人の4人に1人、と言われています。一度症状が出てしまと、その後長く付き合う羽目になってしまう、花粉症。あなたのその症状、風邪だといいな、と祈りつつ、早速見て行きましょう。

花粉症と風邪の症状比較

主な症状を比較していきます。

1.くしゃみ

風邪のくしゃみは、さほど連発はしないものです。一度出ると終わらない、何度も連発するくしゃみ、長い時間、出続けるくしゃみは、花粉症の疑いが。。

  • 風邪・・・・余り連発しない
  • 花粉症・・連発する

2.鼻水

風邪の鼻水は、最初は水様でも、数日のうちに、黄色く粘性が増します。花粉症では、ずっと水様で、すばやく、たら~っと垂れてしまいます。

  • 風邪・・・・水様→黄色く粘着
  • 花粉症・・ずっと水

3.鼻づまり

風邪の鼻づまりでは、両鼻がいっぺんに詰まることはありません。ですから、夜寝るときは、横向きになると大抵上側の鼻は、通ってくるものです。

一方、花粉症では、両鼻がいっぺんに詰まることが多く、鼻をかめないほどつまり、詰まる一方で、さらさらの鼻水が垂れることも。夜寝るときも、呼吸困難で、度々起こされるほどです。

  • 風邪・・・・片方ずつ詰まる
  • 花粉症・・両方詰まる・水っ鼻も

4.発熱

ひどい花粉症では、発熱の症状が出ることも。ですが、高熱ではなく、微熱です。もし高熱が出るのであれば、花粉症が原因ではありません。

  • 風邪・・・・高くなることも
  • 花粉症・・微熱

この他、花粉症にだけある症状も上げておきましょう。

5.痒み目

目が痒くなる症状も多く出ます。これは、目に花粉が付着するので、アレルギー反応が起きるためです。痒みのほか、涙目、充血、異物感、などの症状があります。

6.他に。。。

花粉症の症状としては、肌荒れ、顔などのかゆみがあり、数日たっても、改善されないようなら、病院に行ったほうがいいでしょう。

スポンサーリンク



花粉症?風邪?薬 はどっちがいいの?

急にある日症状が現れてしまい、薬を緊急で飲みたいとき、風邪の薬しかなくても大丈夫でしょうか?花粉症とわからない時とわかっている時で分けてみます。

花粉症かわからない時

また、突然の症状で、風邪なのか、花粉症なのかわからない時、どうしましょうか?

花粉症でも、風邪でも、鼻水や鼻づまりの症状が共通なので、かぜ薬でも、これらの症状を緩和する薬なら、使えます。

鼻かぜ用の薬を使いましょう。または、総合感冒薬でも、弱いながらも鼻の症状を和らげます。

2,3回飲んでも効かないなら、病院へ行きましょう。

花粉症とわかっている時

花粉症の症状が出たら、ガマンしないで、早めに病院へ行き、薬を処方してもらいましょう。放って我慢していると、体は、どんどん花粉に対して、敏感になってしまいます。

出来れば、花粉が飛ぶ前に、病院へ行くことをオススメします。

花粉症か風邪か?内科、耳鼻科どちらへ?

つらい症状、一刻も早く楽になりたい!

早速病院に行くわけですが、さて、内科、耳鼻咽喉科、どちらに行きましょうか?結果から言うと、どちらでもOKですが、耳鼻咽喉科に軍配が上がります。

花粉症は、主症状が、鼻水、鼻づまりなので、アレルギー性鼻炎ともいわれます。耳鼻咽喉科は、鼻のスペシャリスト。内科では、出来ないような処置が出来ます。鼻うがいや、吸引など。また、レーザー治療もありますね。

花粉症だけでなく、鼻風邪も、耳鼻咽喉科のほうが、治りがいい、という人も多いです。

一方、内科でもアレルギーの検査はしてくれますし、内服薬もあります。アレルギー科があれば、アレルギー科が一番ですね。

まとめ

ある日突然襲ってくる花粉症。

30年選手の私でも、シーズンの最初は、風邪か、花粉症か悩んでしまいます。

  • 手元にある薬を飲む場合は、鼻風邪用または、総合感冒薬。
  • 病院へ行くときは、耳鼻咽喉科、または、アレルギー科がベターです。

花粉症、長く付き合うことになりそうですね。でも、2014年から舌下免疫療法が保険適用になったので、花粉症が治る日も近づいていますよ。

スポンサーリンク



コメントありがとうございます。