アボカドの選び方は色だけじゃない!5つのポイントでハズレ無し!

とろっとした食感が美味しいアボカド。私も大好きです。でも、熟しすぎて黒くなったり、まだ固かったりと、選ぶのは難しいですね。知られてるのが色を基準にした選び方。でも、色だけ頼りにしていたら失敗が多かったんです。そこで、色以外の4つのポイントも見て買うようにしたら、はずれナシ!そのポイント、お教えします。アボカドそのものよりも、大事な第5のポイント。これがミソです。

スポンサーリンク

アボカドの選び方は色と?

食べごろのアボカドは色、固さ、肌、へたを見ましょう。4つのポイントを順に見ていきます。そのあと、とっておきの第5のポイントも大公開!

 

アボカドの色

売り場を見るとわかりますが、アボカドは緑からだんだん茶色になり、黒っぽくなっていきます。
食べごろの物は、こげ茶~黒っぽいものです。でも、判断材料が色だけだと、ちょっと若かったり、反対に切ってみると中身が黒くなったものをつかんでしまうこともあります。

 

固さ

次に大事なのは、固さ。

売り場のアボカドを手に取って、そっと指全体で握ってみてください。そっとで十分です。あまり強く握ると、傷んでしまうので、大迷惑になってしまいます、ご注意を。

 

食べごろのアボカドは、ちょっと弾力性が出ています。表現が難しいのですが、押してみて、ちょっと押せるかな?程度の弾力性です。公式テニスボールくらいかな。これくらいだと、比較的しっかりとした実になっています。

 

今晩すぐにトロトロッと食べたいなら、もう少し進んでいるものがいいでしょう。ヨガブロックくらいの柔らかさ。(100均で買ったヨガブロック)

 

明らかに柔らかいのは、過熟になっています。反対に若いものは、コチコチです。

 

ツヤツヤしているものが美味しいです。凸凹が鮮明だと美味しいです。売り場を見ていると、凸凹が鮮明なのはたいていツヤツヤです。こういうものはたいてい美味しい。

 

へた

よく、へたが付いているものを選べ、といわれています。

へたがついていて、なおかつ、周りとの間にちょっと隙間があるものが食べごろです。といわれていますが、あまりこだわらなくてもいいかも。です。

丁度うちにいい見本があるので見てみましょう。

 

左の2つにはへたがあり、右の2つにはありません。でも、どれも美味しいアボカドです。柔らかさは左に行くほど柔らかくなっています。

 

拡大してみると、一番柔らかい①はへたの周りに若干隙間があります。(こげ茶色・今食べごろ)

 

②には、あまりありません。(こげ茶色・食べごろ)

③は、へたのとれたあとが、濃いめのベージュです。(茶色・ちょっと固めだけど、食べごろ)

④は、へたのあとが、黄緑っぽいベージュです。(茶色・まだ固くてちょっと若い)

 

このように、へたがとれていても、そのあとが、きれいなアボカド色なら大丈夫ですよ。茶色くなっているものは、やめましょう。実が黒くなっています。

写真のアボカドは、どれも、凸凹が鮮明でツヤツヤでしょう?こういうものは、美味しいですよ。

 

アボカド本体の見分け方は、以上です。

 

でも、私がこの頃大事にしているポイントは、第5番目なんです。それは、

 

 

美味しいアボカドを置いている店を選ぼう

良いアボカドを置いている店を見つけられれば、外すことはないでしょう。買うことが断然楽になります。では、早速店選びのポイントを見ていきましょう。

 

 

保存温度

まず、個人商店にありがちですが、真夏にアボカドを外気温にさらしている店はいただけません。アボカドは28度以上になると、傷んでしまいます。ご家庭でも真夏には野菜室で保存してくださいね。

 

値段

スーパーなどでアボカドが競合他店よりも安ければ、多くの人が買うので、回転がよくなり、新鮮なものが常に補充されます。

実際に、近くのスーパー5店舗を見ましたが、平均よりも40円高い店のアボカドは古い感じでしたし、入荷量も少ないです。(買う気もおきず)

逆に平均よりも20円安い店2店舗は、どちらも新鮮なアボカドが山のように置いてあります。購入しましたが、どちらの店の物も、とても美味しいアボカドでしたよ。いつ行っても新鮮です。

丁度中間の値段の店の物は、はやり新鮮さも中間。買おうかな、と思ったけど、もっと安い店があるので、やはりそちらで購入しました。

このように、スーパーなら、値段が安い店の方が新鮮でいいものがある確率が高いと思いますよ。

デパートは、この限りではありません。デパートで買い物をしようとするひとは、10円20円の違いは気にしないですよね。デパートの買い物客は多少高くてもいいものを求めてるんです。

 

良いアボカドが常に置いてある店なら、どれを買っても外れないでしょう。

 

スポンサーリンク

アボカドの買い方

 

すぐに食べたいなら、食べごろの物を選びましょう。

  • 色~茶色から黒
  • へた~あってもなくても
  • 肌~つやつや
  • 固さ~テニスボールよりも柔らかめ。ヨガブロックほどのもの

 

2,3日中なら、ちょっと早めの物

  • 色~茶色で若干緑があっても可
  • へた~あってもなくても
  • 肌~つやつや
  • 固さ~テニスボールくらい~ちょっと固め

 

頻繁に食べたいなら、緑の若いものから食べごろのものまで取り混ぜて買いましょう。さらに詳しい食べ時は、こちらの記事で。
家で常温に置き、追熟させます。食べごろになったら野菜室で保存すれば、熟成がストップします。黒くなっちゃったら、こちらの記事を参考に。

また、早く追熟させるなら、リンゴやバナナと一緒に袋に入れておくと、エチレンガスの影響で早く熟成します。

 

まとめ

私は毎日アボカドを食べているので、アボカドの安いスーパーにいったときに、いろんな固さや色の物を取り混ぜて買っています。このスーパーのものは、どれも肌が凸凹でツヤツヤです。へたがないものもごくたまにありますが、新鮮なものなので、大丈夫。

全然ハズレ無しですよ。

まずは、安くて回転率の高い店を探しましょう。それが一番の近道かも。

スポンサーリンク

コメントありがとうございます。