白菜キムチのレシピ。自宅でも美味しいキムチを作る本格的な作り方

白菜が旬を迎えると、美味しいキムチが食べたくなります。小学生だった息子が学校の総合の授業で、キムチを漬けました。韓国人のやっているお店みたいに美味しく出来ましたよ。自宅でキムチを漬けるやり方を紹介します。

スポンサーリンク



キムチのつけ方

材料

  • 白菜・・・1株(2kg)
  • ヤンニョム(キムチの漬けダレ)の材料
  • 大根 400g
  • 人参  60g
  • たまねぎ 1/2個
  • しろネギ 1/2本
  • あおネギ 1/2束
  • にら 1/2束
  • にんにく 50g
  • しょうが 10g
  • 韓国産唐辛子 50g
  • アミの塩辛 50g
  • 魚醤(ナンプラー) 30ml
  • 塩 (150g位・・白菜の重さによる)
  • 砂糖 大さじ1
  • 蜂蜜 小さじ2
  • もち米の粉 大さじ2
  • いりこ 30g,水350g

下漬け

  1. 白菜は、1/4にきります。(縦長になります)葉の付け根のところに包丁を入れて、手で左右に割くようにすると、切りやすいです。
  2. 日の当たる所で半日干し、水洗いして水気を切ります。
  3. 塩50g(白菜1kgに対して5%)を白菜にすり込んでいきます。葉の一枚一枚にすり込みます。外側が硬いので、外側に多めの塩を使います。ポリ袋に入れて空気を抜き、そのまま1日置きます。
  4. 1日置くと水が出て白菜がしんなりします。塩漬けにした白菜は、さっと水洗いして水気を切っておきます。

ヤンニョム(つけ汁)作り

  • だし汁を作ります。
  1. いりこ30gは、頭とはらわたを取って水350ccに漬け20分置きます。
  2. 20分たったら、火にかけます。
  3. 煮立ったらあみの塩辛50gを加えひと煮立ちさせます。
  4. 万能こし器に清潔な布巾をかぶせてこし、冷まします。
  • 具材の下ごしらえをします。
  1. 大根、人参は千切り、にんにく、生姜はすりおろします。
  2. タマネギ、は細切りスライスにして、白ネギ、青ネギニラは食べやすい大きさに切ります。
  • ノリを作ります。
  1. だし汁200mlを煮立てます。
  2. だし汁を煮だたせている間にもち米の粉(白玉粉)を、だし汁75mlで溶いておきます。
  3. 1の中に2を入れ、再度煮立たせてから火を止めます。
  4. ノリが熱いうちに唐辛子25gを入れ、よくかき混ぜて冷まします。

スポンサーリンク



具材の処理

  1. 大根、人参に塩20gと水大さじ1杯を加え、よくもみこみます。
  2. 大根と人参がしんなりしたら、固く絞ってボールに移し、唐辛子25gを加えてよく混ぜ合わせ ます。
  3. この大根と人参に、先ほどのノリを加え混ぜ合わせます。
  • つけ汁をつくります
  1. しょうが、にんにくはすりおろしてボールに入れます。
  2. そこに、魚醤、はちみつ、砂糖を入れ、混ぜます。
  3. 大根と人参につけ汁を混ぜます。
  4. 最後に、タマネギ、ネギ、青ネギ、にらを加えます。

本漬け

ここまできたら、もうひと踏ん張りです(^^)

  1. 水気を切っておいた白菜の葉を大きめのお皿などの上で開き、ヤンニ ョムを塗りこんでいきます。塗るときは、内側の根本にも注意して入れます。(意識しないと、入りにくいのです)
  2. 全部塗りつけたらポリ袋に入れます。
  3. ポリ袋の空気を抜いてよく口を閉じて、そのまま常温で1日発酵させます。
  4. その後、冷蔵庫に移し4~5日後が食べ頃になります。
  • 冷蔵庫に保存して2週間程持ちます。

材料集め

韓国料理材料店で集めます。

以前、唐辛子を日本の唐辛子にしてみたら、とても辛くなってしまって、食べられませんでした。唐辛子は、韓国唐辛子にしてください。韓国唐辛子は味がまろやかで、深みもあります。
キムチづくりには、韓国唐辛子を使ってくださいね。味がぜんぜん違いますから。

その他の、アミの塩辛、魚醤も売っています。

まとめ

うちでつけても本格的なキムチが出来ます。ぜひ作ってみてください。材料は、韓国物を使うのが一番美味しくなる秘訣です。

スポンサーリンク



コメントありがとうございます。