エルサの衣装を手作りで。簡単でほとんど縫わないベールです

女の子が憧れるベール。素敵なハロウイーンの仮装に欠かせない、子供向けのほとんど縫わないで作れるベールです。エルサのベールも簡単にできますよ。

スポンサーリンク



ベールの作り方

女の子が憧れる引きずるベールを”ほとんど”縫わずに作りましょう。では、さっそく材料から。

参考画像

材料

  1. ソフトチュールまたはオーガンジー
    (チュールのほうがほつれなくて扱いやすいです。でも、チュールよりもオーガンジーのほうが滑らかで手触りがいいです。)
  2. マジックテープ 2~3センチくらい
  3. 雪の結晶などの形のボタンまたは、デコレーション(マジックテープを隠すため)
    デコレーションはお好みで (グルーガンが便利)
  4. 他に、 ろうそく

作り方

採寸:お子さんの肩甲骨から、肩の上、背中を通って、床までの長さを測ります。
長い紙を用意します。 なければプリンター用紙やカレンダーをつなげてください。
紙の幅は、46センチ以上必要です。

  • 長さは、首の部分のために7センチ
  • 更にお子さんを測定した長さプラス63センチプラス
    これは、床に引きずる部分です。長いと思ったら、多少削っても。。(都合採寸寸法プラス70センチになります)

ベール1紙に印をつけていきます

ベール2

  • 測定した長さと引きずる部分に印をつけ、
  • 肩側の端から6.5センチのところから 半径10~12センチの半円を書き、これは切り落とします。
  • ここが襟になります。

ベール3
次に各ポイントを曲線で結びます。(赤線)

 

襟のところを処理します。
ベール4丸くした襟のところは、合わせになるので、 切り離します。

 

これで裁断は出来上がり。

次に端の処理をします。(チュールはほつれませんので、必要はないです)ろうそくの炎の根本のところであぶるのです。危ないので、水を用意しておいてくださいね。

また、使わない生地で、必ず練習をしてくださいね。素早く、です!

  • 両手で生地をしっかりと張って持ちます。
  • ろうそくの炎でさっとあぶります。
  • その際手早く場所を変えます。一処にとどまると、すぐに燃えます
  • こうすると、端がほつれないだけでなく、レタスのようなすてきなひだができて、いい感じです。

このひだが欲しい場合は、チュールでも処理したほうがいいですね。

スポンサーリンク



胸で止めるところには、マジックテープを貼ります。

貼れるタイプのものは貼ってもいいのですが、小さいお子さんは、上手くはがすことができないので、 縫い付けタイプのほうがいいようです。

マジックテープの表には、 きれいな雪のデコレーションをグルーガンでつけます。

これで、出来上がり^^

飾り付け

あとは、飾り付けです。楽しんでやってくださいね。

飾りをつけるには、グルーガンが重宝です。雪のステンシル型をテープで貼り付け、ラメ入りの布用ペイントで ペタペタします。すると、素敵な雪の模様が出来ます。

雪の結晶模様を下に敷いて、 上から、もこもこペンでなぞっても素敵です。

まとめ

本体ができたら、お子さんがある程度大きいのであれば、親子で、飾り付けを楽しむことも出来ます。

可愛らしいベールを作ってくださいね。

参考サイト(英語サイトです):http://www.makeit-loveit.com/2014/03/no-sew-elsa-cape-from-frozen-a-do-it-together-project.html

スポンサーリンク



コメントありがとうございます。